社会人マナーを発揮して周囲に溶け込む 礼節力

対人表現の基本ルールを実践し、仕事相手としての安心感、安定感を印象付ける

しごとの力誰もが欲しい力 NO.94 礼節力礼節力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

礼節力

礼節力 対人表現の基本を理解し、社会の中に溶け込める能力

礼節力に関するサイト

タウンページ
 ビジネスマナータウンページ

礼節力に関するキーワードと書籍

関わりが深い用語
『ビジネスマナー』 『社会人常識』 『電話対応』 『好感度』 『話し方』・・

礼節力に関する名言

マカレンコ A・マカレンコ(Wiki)
『美意識は規律性の最後の精妙な仕上げとなるであろう』

ラ・ブリュイエール
『外面的な態度の上での礼儀なら僅かの素質で十分だが、精神の礼儀というにいたっては実に多くの素質を必要とする』

礼節力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
コミュニケーション 50%
自己コントロール 50%

系統  内面 / 行動 (改善・発散系)

関係が深い特性  継続性

強化ポイント
「人は一人で生きてるのではない」などに深く気付く事

使用場面・用途・効果
1.対人関係を良好に保つために発揮
2.仕事相手として安心できる存在である事を発信
3.前向きな協力を引き出す事につながる
4.ビジネス上重要な初対面での印象で損をしない

礼節力の詳細

どんな力?

1. 『克己復礼
社会人の共通認識となっている対人表現の基本(ビジネスマナー)を理解、実践し、調和を保って溶け込む力

2. 『一挙一動
一つ一つの動作や行動に気を配る事で、周囲への敵意の無さを形にして表す力

礼節力のメリット

世間一般において、「社会人としての基本」と考えられている事が出来るため、知らぬ間に不利益を被る事は無くなる

注意点

いつまでたっても礼儀や節度を前面に出した受け答えでは、親しい人間関係は築けないため、付き合う相手ごとに違う、
「礼儀」 や 「ビジネスマナー」 への感度を観察しつつ (観察/洞察力 聴き力)、徐々に自分の色を出していきたい。

同時に、
「親しくなった」と感じ、関係を次のステップに進めようと、それまでの言動に変化を起そうとする時こそが、人間関係上のトラブルが起こりやすい時でもある。

タイミングを外した、「時期を逸した自己開示」 には注意が必要。

礼節力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「相手を大事に思う気持ちを表現できるのが 『礼儀』 ですね」

私生活での礼節力

家族や友人に対して礼儀正しく振舞う事はあまり無いが、自分以外で一番大切な存在が家族や友人。

一番大切だからこそ、一線を超えない(『言ってはいけない言葉』『取ってはいけない態度』)様にする事が必要。(ON・OFF力

ひとこと :

面倒で分かり難いものが 「マナー」 や 「礼儀」 です。
守る義務は無く、挨拶をしなくても (挨拶力)、言葉遣いが悪くても (言葉化力)、だらしのない外見であっても (外見力)、
公的な機関から罰せられる事はありません。

しかし、一定の礼を欠くと、
あんな奴とは仕事が出来ない」などと、当人の知らぬ間に、社会的ペナルティが課せられてしまいます。(遵法力



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved