理性、感情両面に訴えかけ納得を引き出す技術 説得力

相手をよく見てツボを探し、粘り強く情熱的に思いを伝える

しごとの力誰もが欲しい力 NO.50 説得力説得力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

説得力

説得力 筋道立てた話の展開を基本とし、相手に合わせた言葉や方法を使える能力

説得力に関するサイト

HPの説得力向上
 人を動かすWEBライティング

DIAMOND online
 齋藤孝が伝授する「説得力」の極意

説得力に関する道具や書籍

Amazon
心を動かす!ロジカルプレゼンテーション 〔3〕
なぜあの人だと話がまとまるのか? (アスカビジネス)
説得できるビジネスプレゼン200の鉄則 聞き手が必ずうなずくプレゼンはこう実施する

説得力に関する名言

ウィルキンソン

議論する時には、言葉は優しく、しかし
論旨を確実に述べるように努力せよ。

相手を怒らせるな。
相手を説き伏せることが目的である。

説得力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
コミュニケーション 70%
自己コントロール 15%
問題解決 15%

系統  対人 / 行動 (発言系)

関係が深い特性  柔軟性

強化ポイント
数多くの経験
(意識を具体的な行動に移すことが必要)

使用場面・用途・効果
1.納得や承認を引き出す場面で使用
2.自分の主張通りに動いてもらうために発揮
3.主張の妥協点を作り出し、行動基準確認ために発揮
4.処理段階に素早く到達し、余裕を持って処理できる

説得力の詳細

どんな力?

1. 『理路整然
筋道の通った内容を粘り強い態度とともに示し、相手の納得を引き出す力

2. 『風林火山
状況や相手を理解し、感情と理性の両面に働きかけて納得を引き出す力

説得力のメリット

仕事に必要な要素の最上級的なものであるため、どこへ行っても重宝される存在となる

注意点

仕事上の説得の基本は、『論理的に話を積み上げる事』。

しかし、
人によって説得のツボは違い、「どんな背景を持った人が話しているか?」が重視されるため、全ての場面で通用する説得方法はない。

社内や社外、一般ユーザーなどの違いに関わらず、
「相手をよく見て」 (観察/洞察力 聴き力 質問力 情報収集力)、
「主張して」 (説明力 具対話力 言葉化力)、
「妥協点を探す」 (撤退力 修正力)。 

という、説得の過程を細切れにして進む意識があれば、納得を引き出す可能性は少なからず高まる。

説得力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「理屈だけじゃダメですね。感情に訴えてみます」

私生活での説得力

基本的に論理の場である仕事に対し、家庭は感情の場
仕事の場で慣れ親しんだ、「事実」や「数字」を持ち込んで説得を試みても、上手くいかずに逆効果になる事が多い。

また、
相手に合わせた説得法(ツボ)探しは、家庭で培われ、仕事の場で大いに役立つ。

ひとこと :

理解力に優れた頭の良い人は、
『 理路整然と話を積み上げれば自ずと相手は納得を示す 』 と考えがちです。

そして、話を理解できない人や納得を示さない人に対し、少し見下した気持ちを抱いてしまいます。
(そんな気持ちを敏感にキャッチする人が多く、心を固くしてしまいます)

「自分の技量不足」 「押しどころを変えてみよう」 「タイミングが悪かった」 などと、相手主体で考える事が出来れば、
言葉やタイミングを選び、いろいろな方法を試してみるといった、『説得の技術』 『説得の業』として、
本当に役立つ説得のスキルが、楽しみながら少しずつ蓄積していくように感じます。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved