あるべき自分や成りたい自分を、服装や立ち振る舞いで表現 外見力

仕事における「外見」や「初対面」の重要性を理解し、自分をマネジメント

しごとの力誰もが欲しい力 NO.12 外見力外見力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

外見力

外見力 服装、表情、姿勢、声、動作などで、「なりたい自分、ふさわしい自分」を表現する力

外見力に関するサイト

BIGLOBE BB−WAVE
 できる男の「おしゃれ術」
ホームメイト
 ビジネスマナー 外見編

外見力に関する道具や書籍

Amazon

デキる上司の外見成功術―あなたが変わるパーソナルデザイン
一流リーダーは「見た目」が違う―人を動かす外見・表情・しぐさから、信頼される聞き方・話し方まで
外見とパワー

外見力に関する名言

チャールズ・ディケンズ(Wiki)
『誰でも良い着物を着た時には、善い精神と善い気持ちになるものだ。しかし、これは大して信用のおけるものではない』

外見力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
コミュニケーション 55%
自己コントロール 45%

系統  内面 / 行動 (改善・発散系)

関係が深い特性  客観性

強化ポイント
数多くの経験
(意識的に強化する行動が必要)

使用場面・用途・効果
1.言葉以外によって自分を表現し、仕事を呼び込む
2.近づきたい自分の姿を発信し、仕事を呼び込む
3.新鮮な気持ちで気分良く仕事ができる
4.重要な第一印象をコントロールできる

外見力の詳細

どんな力?

1. 『文質彬彬
自分の外見的特徴を理解し、調和が取れた自分に似合う外見を作り出す力

2. 『面目一新
服装、表情、姿勢、声、動作などで、「なりたい自分、ふさわしい自分」を表現する力

外見力のメリット

少なくとも悪い印象を与える事は無くなり、マイナスの状態から付き合いが始まる事は無くなる

注意点

間違った方向に発揮する (一人で居られる力)場合があるため注意が必要。

仕事と私生活の場の違いを意識し (ON・OFF力)、仕事の場においては、清潔さや身体に合っている事を第一とし、
その上で自分なりのおしゃれを表現しないと、付き合いの積み上げが無い段階などでは大きな不利益を被る事になる。

一般的に受け入れられ難い外見上のこだわり(一貫力)は、仕事の場では封印したい。

外見力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「ゆっくりと、胸を張って歩くようにしています」

ひとこと :

心理学への関心が高い (心理学力)状況を考えると、下記のような、一般的に広く知られるようになっている動作は、意識的に避けるべきだと思います。

  • 「腕を組む」 → 拒否の気持ちの表れ
  • 「時計を見る」 → 早く終わって欲しい気持ちの表れ
  • 「目線を合わさない」 → 嘘もしくは自信のなさの表れ・・・・

また、
体に合った服や気に入っている靴などを身に付けると、心や体が軽くなる事が実感出来ますので、お金の許す範囲内であれば、積極的に自己投資するべきなのではないかと思います。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved