物、知識、人、金、情報、時間の無駄を排除し効率的に活用 在庫力

「既にある物」をムダにせず、有効に活用

しごとの力誰もが欲しい力 NO.33 在庫力在庫力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

在庫力

在庫力 より大きな成果を出すため、既に有るものを無駄なく利用できる力

在庫力に関するサイトや書籍

簡潔に在庫管理に関して 実務に役立つ在庫管理

Amazon
生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング

製造業の現場バイヤーが教える調達力・購買力の基礎を身につける本―バイヤー必読

図解でわかる生産の実務 在庫管理 (図解でわかる生産の実務)

在庫力に関する名言

キケロ
『節倹は大なる収入なり』

ベーコン
『節倹の道は小利を志すより、むしろ小費をはぶくにあり』

在庫力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
問題解決 80%
自己コントロール 20%

系統  内面−対人/思考 (論理系)

関係が深い特性  客観性

強化ポイント
数多くの経験
(意識的に強化する行動が必要)

使用場面・用途・効果
1.効率的で迅速な仕事をするために使用
2.無駄を排除し、より大きな成果を得るために発揮
3.部署や会社に数字上の利益をもたらす
4.仕事上の、厳しくドライな目を養う事につながる

在庫力の詳細

どんな力?

1. 『勤倹力行
物、知識、人、金、情報などの、既にある物を無駄にせず利用する力

2. 『見縫挿針
少しでも大きな成果を得るため、小さな無駄を見逃さず排除する力

在庫力のメリット

多少ではあっても、より大きな成果を上げる事ができ、より高い立場の人の視点を得る事につながる

注意点

「効率的・能率的」 を求める事は、仕事上の重要な要件。
キャッシュ力も大切)
この力が一度身に付くと、利益への貢献が実感し易い事もあり、当たり前のように、この観点から仕事に取り組む姿勢が出来上がる。

しかし、
新しい事を試みる場合や、(走り出し力
対人関係を構築する際などは、(付き合い力
効率や理屈には目をつぶらないと、望む成果は上がり難い。

事の次第と状況を把握し、発揮する事が必要(観察/洞察力

在庫力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「大丈夫です。詳しい者がおりますので確認して折り返します」

私生活での在庫力

無駄のない生活をする事は賢い生活者の基本ですが、会社で培ったこの力を私生活に持ち込み過ぎると、生活が味気のないものになってしまうのではないかと思います。

また、この力が無い人にとって、無駄なく暮らそうと努める人の姿は、
『細かくてケチな人』と映りがちです。

普段鍛えられている人ほど、注意したいと思います。

ひとこと :

会社に勤めるほぼ全ての人にとって、少なからず関係があるものが 『在庫管理』 です。
その方法や記録の仕方などに違いが有る以上に、人それぞれに 『在庫管理』 に対する哲学の違いが有ります。

「在庫は悪」 と考える人と、「在庫は必要悪」 と考える人では、その仕事スタイルに大きな違いが生まれてきます。
この辺りのすり合わせが難しく、面白くもあると感じます。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved