良く見て汲み取る 観察力/洞察力

「知ろう」とし続け、空気を読む

しごとの力誰もが欲しい力 NO.19 観察/洞察力観察力 洞察力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

観察力/洞察力

観察/洞察力 関心のアンテナを張り、思い測る能力

観察力/洞察力に関するサイト

エニアグラム研究所(タイプ診断テスト)
 改革する人 調べる人

意識進化」について考察するサイト 洞察力

クレッチマーの性格分析 「分裂質タイプ

観察力/洞察力に関する書籍など

Amazon
観察力をつけるお絵かき (うちの子はピカソ)
心理臨床家のための「事例研究」の進め方
究極の人間洞察力―「角栄語録」の神髄 (講談社プラスアルファ文庫)

観察力/洞察力に関する名言

パトリック・ヘンリー (Wiki)
『過去による以外に、未来を判断する方法を私は知らない』

サミュエル・バトラー (Wiki)
『人生とは不十分な前提から十分な結論を引き出す技術である』

観察力/洞察力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
コミュニケーション 90%
自己コントロール 10%

系統  対人 / 思考 (発信系)

関係が深い特性  好奇心

強化ポイント
数多くの経験
(一定レベルまでは自然に強化される)

使用場面・用途・効果
1.仕事を自ら作り出す場面で使用
2.人とは違った仕事へのアプローチを生み出す
3.仕事相手の真意を汲み取る
4.自分の成すべき事が把握できる

観察力/洞察力の詳細

どんな力?

1. 『常住坐臥
常に身の回りの事柄に関心を向け続け、「知ろう」とし続ける力


2. 『告往知来
普段の姿を記憶して違いを探し、「今起きている事」を想い測る力

観察/洞察力のメリット

コミュニケーション能力の中心的な力なので、人間関係の構築が進み、余裕を持った態度で人に接する事できる

注意点

「見て、感じて、記憶して、違いを探して、想い測る」
これが 観察−洞察 の一連の流れだが、
その後の行動にどのように活かせるのかが仕事をする上では非常に重要。

想い測り、何かしらの行動を取らないという方向のみではなく、
想いの先にある、やって欲しい行動、やって欲しくない行動につなげる事が大切。

商品を販売する際などは、相手が嫌がっているのを分かった上であえて強く押す強引さ (棚上げ力) を発揮しないと、結果に結び付かない事も多い。

又、初対面の人に対する際に、自分の中に蓄積したデータから安易に人のカテゴリー分けを行うと、関係構築に手間取る事になる。

人に対する際の先入観は、一番の敵である事を肝に銘じたい。

観察/洞察力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「分かりました。後日改めてお伺い致します」

ひとこと :

好奇心・関心が観察力や洞察力向上の鍵と言われています。
関心や興味を向ければ、関心や興味で応えてくれるのが人間の基本的な習性で、
『人に対する関心・興味』は、好意を持つ一歩手前だそうです。(心理学力

又、一人あるいは複数の人が作り上げる雰囲気を読み取り、自分の身の振り方を決める事(『空気を読む』)は大切な能力ですが、いつもいつもでは疲れ果てます。

空気を読む事に自信を持っている人は多いですが、空気を読んだ上で、あえて嫌がる事ができるようになると、仕事をする人として一段上のレベルに上がれるのではないかと感じます。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved