ストレス耐性 不満足力

不安や不満(ストレス フラストレーション)を抱く自分自身をコントロール

しごとの力誰もが欲しい力 NO.77 不満足力不満足力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

不満足力

不満足力 不満や不安、ストレスを当然のものとして受け入れ、その中で仕事を続けられる能力

不満足力に関するサイト

ストレスケア.com
 80の質問でストレス度を判定

日本医師会 「健康の森」
 ストレスが引き起こす病気

不満足力に関する道具や書籍

Amazon
〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
自律神経にやさしい音楽
健脳セラピー ストレス編 ストレスが多い人のぬり絵

不満足力に関する名言

徳富蘇峰 (Wiki)
『人生とは一種の苦役なり。ただ不愉快に服役すると欣然として服役するとの相違あるのみ』

O・ワイルド (Wiki)
『不満こそ人間の或いは民族のための第一歩である』

不満足力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
自己コントロール 90%
コミュニケーション 10%

系統  内面 / 思考 (我慢・受容系)

関係が深い特性  継続性

強化ポイント
置かれた状況に居続ける事

使用場面・用途・効果
1.仕事をやり切る粘りを必要とする場面で発揮
2.思い通りに運ばない状況を受け入れる際に発揮
3.心身を守り、仕事を続ける事ができる
4.ストレスの過剰な蓄積を防ぐ

不満足力の詳細

どんな力?

1. 『五里霧中
先が見通せない不安状態を受け入れ、考え、行動する力

2. 『則天去私
自分や環境、周囲への不満状態を受け入れ、考え、行動する力

不満足力のメリット

自分や周囲、置かれた環境への過剰な期待を抑え、過度のストレスを感じなくなる

注意点

ストレス耐性』そのものの力であるため、今後益々重要性が増す力。一人で黙り込んでこの力を発揮する事には注意したい。

少ない睡眠時間や強いストレスを浴び続ける事は、心や身体にどの程度の変調をもたらすかは分からない。

体力やストレス耐性に自信があっても (健康力)、
愚痴を言うのは自分らしくないと感じても (一貫力)、
周囲に心配を掛けられないと思っても (安心させ力)、
自分自身を客観視する事(俯瞰/バランス力)は元々難しいため、周囲の人の客観的な目を上手く利用したい。

不満足力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「最近人の目が気にならなくなりました」

ひとこと :

適度なフラストレーションやストレスは、誰にとっても無くてはならないものです。
全て満たされ、不安が全く無くなれば、最初は嬉しいかもしれませんが、何かをやろう、始めようとする気持ちが起こらなくなるはずです。ありきたりですが、その程度問題が重要になります。

また、働く人の心の病気に関する問題が大きくなるに従い、管理職への昇進昇格の重要な要素として、ストレス耐性の強弱を測定して生かそうとする取り組みがあります。

ストレスへの感度や耐性は、持って生まれたものが大きいように感じますが、
「受け流す」「受け入れる」「忘れる」「フタをする」「他の事で発散する」「捨て去る」などと、ストレス要因ごとにその対処法を意識的に当てはめていくと、ゲームのように感じられ、より冷静で居られるように思います。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved