快適な通勤時間、通勤空間を作り出す 通勤力

仕事に対するモチベーションを失わない通勤時間を演出

しごとの力誰もが欲しい力 NO.62 通勤力通勤力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

通勤力

通勤力 仕事の場に居続けるため、快適な通勤空間を作り出す力

通勤力に関するサイト

自転車通勤 自転車通勤応援サイト

さらば通勤ラッシュ 始発.COM

通勤力に関する道具や書籍

通勤大学MBA〈8〉Q&Aケーススタディ (通勤大学文庫)

松下電器産業 TV/FM/AM3バンド通勤巻き取りラジオ RF-ND288R-S

SONY ウォークマン Aシリーズ ワンセグ内蔵 8GB ブラック NW-A918B

通勤力に関する名言

H・D・ソロー (Wiki)
『最も安価な快楽を持つ人が、最も富める人である

アイザック・ウォルトン
『旅の良い道連れは旅路を短くさせる』

通勤力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
自己コントロール 90%
コミュニケーション 10%

系統  内面 / 思考 (我慢・受容系)

関係が深い特性  継続性

強化ポイント
数多くの経験
(一定レベルまでは経験の中で自然に強化される)

使用場面・用途・効果
1.長く仕事を続けるために発揮
2.仕事の前提として仕事の場に居続けるために発揮
3.生活の場から仕事の場への移動時に使用
4.メリハリのある日常をもたらす

通勤力の詳細

どんな力?

1. 『創意工夫
「快適な通勤時間」 「快適な通勤空間」 を作り出す力

2. 『千篇一律
変化の無い時間や空間に耐え、自分自身を仕事の場へ送り届け続ける力

通勤力のメリット

意欲を奪いがちな空間からの悪影響を受け難くなり、仕事に対するモチベーションや新鮮な気持ちが保ち易くなる

注意点

「通勤への慣れ」によって、時間の感覚が曇る事に注意。

・普通なら住まないような遠くに家を建てる。
・普通なら引越しするのに通勤する・・・・。

長時間通勤を補って余りあるものが手に入れる目論見 (ケセラセラ力 走り出し力) であっても、自由がきかない空間において、毎日長時間を過ごす事の無駄は大きい。(時間力

家族をはじめとした周囲にも深く関係する事であるため、大きな視点(俯瞰/バランス力)で考えたい。

通勤力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「混雑で仕事前に疲れてしまうので2本早い電車に乗ってます」

私生活と通勤力

仕事とプライベートの切り替えに大きく関わるのが、「通勤時間」。

特に帰宅の際の過ごし方次第で、仕事の場の尖った気分を持ち帰るのか否かが左右され、リラックスしてプライベートを過ごせるかどうかに影響を与える。

ひとこと :

当たり前ですが、仕事をする場所に居なければ仕事は出来ません。
通勤電車の混雑による不自由や不快感を嫌うあまりに、就職や転職の際の選択肢を著しく狭くしてしまう人が数多く存在します。

通勤を苦にせず、むしろ楽しめる事は、やりたい仕事や好きな仕事を続けるための非常に重要な要素ではないかと感じます。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved