とどめを刺して仕事を仕上げる 幕引き力

不成功、トラブルに陥らないための仕事術

しごとの力誰もが欲しい力 NO.85 幕引き力幕引き力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

幕引き力

幕引き力 労を惜しまず、トドメを刺せる能力

幕引き力に関す道具や書籍

『幕引き力』が関係する仕事のシーン
「会社清算」「会社整理」「会社再建」「債務」「転職」「確認作業」「報連相」「メモ」「問題解決」「仕事術」

幕引き力に関する名言

老子 「老子(Wiki)
『終わりを謹むこと始めの如くなれば敗るることなし』

「戦国策」 「戦国策(Wiki)
『百里行く者は九十を半ばにす』

ナポレオン 「ナポレオン・ボナパルト(Wiki)
『戦いは最後の5分間にあり』

幕引き力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
問題解決 50%
自己コントロール 40%
コミュニケーション 10%

系統  内面−対人/思考 (論理系)

関係が深い特性  継続性

強化ポイント
数多くの経験
(意識的に強化する行動が必要)

使用場面・用途・効果
1.仕事を終わらせる場面で使用
2.仕事の質を高め、キレイに終わらせる事ができる
3.責任を果たし、信頼を得る事につながる
4.憂い無く次の仕事に取り掛かる事ができる

幕引き力の詳細

どんな力?

1. 『画竜点睛
労を惜しまず念を押し、とどめを刺して仕事を終わらせる力

2. 『訥言敏行
尾を引く問題を残さないよう、素早く的確な処置で仕事を終わらせる力

幕引き力のメリット

仕事のやり残しや漏れが減るため、ミスが減って安心感を与えるとともに、時間を有効に使えるようになる

注意点

確認作業をし過ぎたために、仕事のスピードを著しく落とす事には注意が必要だが、
「もう一度見る」 「もう一度聞く」などを怠り、仕事にとどめを刺さなかった事によるトラブル事例は数多い。
[特に数字、金額 (キャッシュ力)]

些細な作業の手間を惜しんだために、それまでに積み上げて追いかけてきた仕事を台無しにする事も日常的に起こっている。

最後に確認する習慣を身に付けると、ミスが減るばかりでなく、相手に対して、「間違った事をできない」というプレッシャーを与える事ができる

幕引き力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「恐れ入りますが、復唱して確認したいのですが宜しいですか?」

私生活での幕引き力

仕事をしている人と仕事をしていない人の大きな違いに、
「最後に確認をする習慣」 の有る無しが挙げられる。

私生活の場に、仕事の場の厳しさをあまり持ち込むべきではないが、仕事の場で慣れている人は、プライベートでも当然のように確認を行い、トラブルを上手に避けている。

ひとこと :

仕事上の非常に大切な事柄に 「回収」 があります。
売る段階において、お金の回収を意識した言動を取っておかないと、時間的、精神的に辛い状態に置かれる事になります。

お金が入金されない辛さは、その立場に立ってみないと分かり難いですが、最後をキレイに終わらせるためには、最初の言動が肝心な事を感じさせられます。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved