不確実性の中で仕事に取り掛かり、走りながら考え、修正 走り出し力

腰を上げてスタートを切り、走り出す

しごとの力誰もが欲しい力 NO.76 走り出し力走り出し力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

走り出し力

走り出し力 スピードを重視し、あやふやな見込みの中で動き出せる力

走り出し力に関する道具や書籍

なぜあなたはその仕事を先送りしてしまうのか?―行動のための自己変革トレーニング
勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方
意志力革命 目的達成への行動プログラム (Harvard business school press)

走り出し力に関する名言

ウォルター・スコット (Wiki)

臆病でためらいがちな人間にとっては、
一切は不可能である。
なぜなら、一切が不可能なように見えるからだ

サミュエル・スマイルズ (Wiki)

もし機会を見出さざれば、自ら機会を作るべし

走り出し力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
問題解決 40%
コミュニケーション 30%
自己コントロール 30%

系統  内面−対人/行動 (混沌系)

関係が深い特性  楽観性

強化ポイント
「何事もやり始めないとわからない」などに深く気付き、悟る事

使用場面・用途・効果
1.少しでも先行する事が必要な場面で使用
2.結果が予測できない事柄に取り掛かる場面で使用
3.何かを試す必要がある場面で発揮
4.失敗にめげず次の機会に挑む事ができる

走り出し力の詳細

どんな力?

1. 『率先躬行
動き出さないと何の結果も出ない事を認識し、考えの中に沈み込まず、動き出せる力

2. 『人跡未踏
不確実な見通しの中で、動きながら考え、修正していく力

走り出し力のメリット

豊富な経験量を得る事につながるため、仕事人としての成長が早くなると同時に、「やっとけば良かった」といった不毛な後悔が無くなる

注意点

独断専行に注意。(一人で居られる力 や 渇望力と合わせて発揮する事は避けたい)

他人と一緒に仕事をする場合のこの仕事スタイルは、神経を逆なでにし易い。

スピードが大切な事や、失敗を恐れてはいけない事などに関し、頭では分かっていても、「よく考えてからでないと動けない人」 は多く、
その役割り上、「ブレーキ役にならざるを得ない人」 も多い。

まずは、自分一人でできる仕事の時に発揮する事が無難

走り出し力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「まずはやってみましょう。やりながら修正いくしかないですよ」

ひとこと :

現在は、「技術では差がつき難く、スピードが大切な時代」 と言われ、

  • 「やるだけやってみて、駄目ならごめんなさい」

  • 「後から怒らない事を約束した上で申し込んで下さい。使って下さい」 と、

ITの世界では、まずは始める事の大切さを優先する取り組みが数多く行われ、
今後の社会の流れの主流になると言われる、「ベストエフォート型社会」 を先取りしています。

「やってみてダメなら引っ込める」 「トライアンドエラー」 が、全業界共通の推奨仕事スタイルとなるかもしれません。

将来を読み事は出来ませんが、自分が所属する社会の仕組みに自分自身をマッチさせる事は (変化適応力)、生き残り策の基本だという事だけは肝に銘じていたいと思います。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved