客観的かつ積極的に自己検証 反省/検証力

失敗に学び、失敗から仕事のヒントを得る

しごとの力誰もが欲しい力 NO.72 反省/検証力反省/検証力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l 与え/指導力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

反省/検証力

反省/検証力 結果や評価を客観視し、積極的に振り返る能力

反省/検証力に関するサイト

科学技術振興機構
 失敗事例データベース

反省/検証力に関する道具や書籍

失敗学のすすめ
最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
ユーザ中心ウェブサイト戦略 仮説検証アプローチによるユーザビリティサイエンスの実践

反省/検証力に関する名言

「論語」
『誤って改めざる。これを過ちという』

ゲーテ
『自分を買いかぶらない者は、本人が信じているよりもはるかに優れている』

E・J・フェルプス
『いかなる過ちも犯さぬ人は通常何事もなさぬ人である』

反省/検証力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
問題解決 60%
自己コントロール 30%
コミュニケーション 10%

系統  内面 / 行動 (改善・発散系)

関係が深い特性  客観性

強化ポイント
数多くの経験
(意識的に強化する行動が必要)

使用場面・用途・効果
1.仕事を作り出すために使用
2.振り返り、より良い仕事をするために発揮
3.同じ失敗を繰り返さないために発揮
4.自身のステップアップをもたらす

反省/検証力の詳細

どんな力?

1. 『抜本塞源
問題や課題を把握するために結果や評価を客観的に見つめる力

2. 『痛定思痛
次の仕事へのヒントを得るために結果を積極的に振り返る力

反省/検証力のメリット

やるべき事を明確に把握できるので、迷いや失敗を引きずる事が減り、次の仕事に積極的に取り組める精神状態をもたらす

注意点

人の能力にそれ程の差はないが、失敗が続いたり成果が伴わないと、客観的に見た度合いよりも大きな自責の念を感じ、 「自分はダメな人間」 となる人がいる。

長く仕事をすれば、「運」 や 「流れ」は必ずあるため、特に真面目な人は、自分以外のところに原因を持っていく「適度な責任転嫁」の意識が必要になる。(棚上げ力足る知力ケセラセラ力

また、分からない事が多い現在の仕事の場では、
「やってみて (走り出し力度外視/投資力)、何かを得て、次に活かす」 といった行動パターン(トライアンドアラー)は正しいが、
失敗に対するの態度』 は千差万別である事を理解していないと、大きな反発や抵抗を受ける事になる。

反省/検証力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「どうしてダメか教えていただけませんか?改良点をつかみたいんです」

ひとこと :

失敗と進歩の相関関係に言及する言葉は多く、その多くは、『失敗があってこその成功』というものです。
素直に反省し、失敗を前向きに捉える事が出来ないと、選択肢を少なくする事になりますが、「失敗に対する態度」は、簡単に変えられるものではないとも感じます。

失敗の効用についての理屈を言われても「簡単には修正できない」と感じる人は、自分がやっている仕事の内容をよく理解し、失敗に対する態度を以下のように分類した上で取り組むと良いかもしれません。

  1. 失敗しても良い事
  2. 失敗したらいけない事 
  3. 失敗しないといけない事 


サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved