業務や知識を与えて教え、周囲を率いる 与え/指導力

リーダー、メンター、指導者としての役割りを果たす

しごとの力誰もが欲しい力 NO.2 与え/指導力与え/指導力
ホーム しごとの力トップ しごとの力? しごとの力 100 いろんな分類/テーマ しごとの力の傾向
だんまり力 l 遵法力 l 断り力 l ケセラセラ力 l 度外視/投資力 l 一人で居られる力 l 健康力 l  リベンジ力 l 足る知力 l 俯瞰/バランス力 l 渇望力 l キャッシュ力 l リスペクト力 l 運転力 l 心理学力 l 観察/洞察力 l 挨拶力 l 幕引き力 l 棚上げ力 l 忘れ/許し力 l 一貫力 l 可視化/図解力 l 撤退力 l 付き合い力 l 走り出し力 l 質問力 l 情報収集力 l 反省/検証力 l 在庫力 l 外見力 l 先見力 l 鼓舞/模範力 l 腹切り力 l 説明力 l 無為力 l 安心させ力 l 嘘も方便力 l 書き力 l クレーム力 l ジョイント力 l 沈み力 l 波乗り力 l 不満足力 l メモ力 l 恋愛力 l 嗅ぎ取り力 l 5S力 l 聴き力 l 言葉化力 l 実行力 l 誠実力 l 自分知力 l 通勤力 l 付加価値力 l 笑われ力 l 愚直力 l 叱られ力 l 修正力 l 出る杭力 l 何故力 l 報告/連絡力 l ホスピタリティ力 l 任せ/頼り力 l 道草力 l 礼節力 l オープンマインド力 l 安全力 l いただき力 l 学習力 l キャッチ力 l ジェンダー力 l 時間力 l 衝突力 l 削除/転換力 l 認識力 l 変化適応力 l 目標設定力 l 役割認識力 l やり過ごし力 l リスク感知力 l 一日清算力 l 仮説力 l 具対話力 l シンクロ力 l サポート力 l 説得力 l 段取り/順序力 l 達観力 l 発掘/発見力 l 判断/決断力 l ON・OFF力 l 気軽/尻軽力 l 自己演出力 l 自制/自律力 l 留まり力 l 取り繕い力 l 当事者力 l 分析力 l マニュアル力

与え/指導力

与え/指導力 知識や能力を、教え、与え、指導する能力

与え/指導力に関するサイト

Diamond online
 上司力トレーニング

与え/指導力に関する道具や書籍

Amazon
効果10倍の“教える”技術―授業から企業研修まで (PHP新書)
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
子どもにいちばん教えたいこと―将来を大きく変える理想の教育

与え/指導力に関する名言

セネカ
「人間は教えている間に学ぶ」

乃木希典
「人の教ゆるに行を以ってし、言を以ってせず、事を以ってせず」

与え/指導力の概要

分類 (3つの能力の構成比率)
コミュニケーション 40%
自己コントロール 30%
問題解決 30%

系統  対人 / 行動 (発言系)

関係が深い特性  積極性

強化ポイント
多くの人との数多くの交流

使用場面・用途・効果
1.自分が持っているものを教え、広める際に使用
2.他人への積極的なサポートをする際に発揮
3.知識や能力をより深いレベルへ進歩させる
4.知識や能力への他人からの評価を確認できる

与え/指導力の概要

どんな力?

1. 『出藍之誉
持っている知識や能力を表に出して広げる事で、周囲に貢献する力

2. 『粉骨砕身
年齢、性別、職歴にこだわらず、周囲に対し指示命令、指導を行う力

与え/指導力のメリット

知識や能力のメンテナンスや棚おろしを同時に行う事になり、陳腐化やサビ付きを防ぐ

注意点

働き方の選択肢が増え (派遣社員契約社員アルバイト・・)、技術の進歩も早いため、社歴や職歴、年齢にとらわれず、他人を指導しないといけない機会が増えた。

年齢の違いを意識し過ぎると、必要な指導や注意が出来ず、お互いが違和感を抱きやすくなる。

素直な態度を取れない人もいるが、節度を保ち (礼節力 リスペクト力)、役割りに徹し切る (役割認識力 棚上げ力)意識が重要。

与え/指導力が身に付いてきた人の具体的な言葉

「まだ出来る事は少ないですが、パソコンで困ったら声を掛けて下さい」

私生活での与え/指導力

子供に対する様々な形での愛情表現は、一般的には 『無償の愛』

しかし、
粘り強く指導し、出来なかった事柄が出来るようになった時の喜びは、計り知れない程大きい。

仕事の場と同じく、何かを与え、教える事は、見返りを求める気持ちが無くても、何かしらの見返りが得られている。

ひとこと :

上司−部下などの利害関係に無い人を指導係として設置する制度(メンター制度)を取り入れる会社がありますが、本当に機能しているなら、何万円もの給料を余分に貰っている事になります。

就職活動をしている人は、具体的や数字(給料・ボーナス)や抽象的な想い(「やりがい」)だけではなく、人に対する制度(評価・育成・指導)こそ気に掛けるべきだと感じます。



サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved