おはなしの中の しごとの力 / 十二支のはじまり

童話昔話の中で発揮する力

十二支/12し
他のおはなし 3匹のはたらくブタ

十二支のはじまり

むかーし、むかしのことです。神さまはこまっていました。

仕事をたのんでもすぐにけんかがはじまる事と、けんかになると体の大きな動物が小さな動物に言う事をきかせていた事です。


ある年の暮れに動物たちを集めて言いました。

「来年からリーダーを決める。1年ごとのこうたい制にし、リーダーにしたがって仕事をしてもらう。来年の元旦にあいさつに来た1番から12番までがリーダーじゃ」

そして神さまは、ネズミだけをよびとめて言いました。

「一番小さなお前を最初のリーダーにしたい。小さな動物に勇気を与える事と小さくともリーダーにしたがわなければいけない事を示したい。何としても1番になれ」

神さまの気持ちがよーく分かったネズミは、「何としてでも1番になります」と答え、

『きらわれてもしょうがない』と、かくごを決めました。


うわさを聞いたネコはネズミにたずねました。

「元旦に神さまのところへ行けばいいのだな」

「ちがうちがう。二日の朝だ。 『元旦はゆっくり家ですごすもの』 と言うでねえか」

「そうか。二日の朝だな」 ネズミの様子がいつもと少しちがう事が気にはなりましたが、ネコは礼を言って帰っていきました。


大晦日にネズミがウシの家に行ってのぞくと、ぶつぶつ言いながら支度をしていました。

「おら、のろまだべ。今夜のうちに出かけるだ」

ネズミは、『やっぱいねらい通りだ』と、ウシの背中にとび乗りました。

そうとは知らぬウシは神さまのもとへと歩きつづけ、夜明け前に門の前についく事ができました。

元旦の朝日が昇り、神さまが門を開きました。

ウシが門をくぐろうとすると、背中からネズミが 「ぴょんっ」 と飛び降り、

「神さま、あけましておめでとうございます」と挨拶した。神さまはにっこり笑い、1番の番号札を渡しました。

ウシは2番になってしまいましたが、『ぼうっとしていた自分が悪いし、2番なら大満足だ』と考えました。

神さまのお話の場に来ていなかったトラはうわさを聞き、

『本当かどうかわからないけど・・、ムダになるかもしれないけど・・、みなにたよりにされている自分が外れるわけにはいかない』 と、千里の道をかけぬけて3番目に門をくぐりました。


そのころトリはまよっていました。いつものように鳴き声を上げ、朝がきた事を皆に知らせるかどうかをまよっていました。

さんざんまよいましたが、
『神さまからもらった大切な仕事をやらないわけにはいかない』と、いつもより大きな声で朝がきた事を告げました。

リーダーになりたい動物たちは、ふとんからとびおきて支度をととのえ、急いで出発しました。

そして、
ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ の順で門をくぐりました。

途中でサルとイヌが大げんかをし、トリが間に入ってなんとかおさまりましたが、順番はうしろの方になってしまいました。

門の前を走りすぎてしまったイノシシは、いそいでもどり最後の12番目に門をくぐる事ができました。


次の日の朝、ネコが門をたたくと神さまが言いました。

「呼んだのは昨日じゃ。今までねておったんか。ねぼけとらんで顔でも洗って来いっ」

ネコはがっかりして帰っていきました。

家に帰ったネコは、いつも顔を洗うようになり、ネズミの言い訳を信じる事ができず、ネズミを追いかけ回すようになりました。


ネコと同じくリーダーに入れなかったイタチは、

「しらせが来ませんでした。不公平です。もう一回やり直して下さい」と、毎日毎日おねがいに行きました。

こまりはてた神さまは、

「それでは月の最初の日をお前さんの日にしてやろう」

「イタチの上に”つ”を付けて、『つ・いたち』 でどうだ。それがお前さんの日だ。だがこれは内緒だぞ」 と言いました。

イタチは、「何も無いよりましです」と、なっとくして帰っていきました。。

その後は12頭のリーダーと、なぜかは分かりませんが 『ついたち』 にだけ張り切るイタチを中心として、みなが協力しながら仕事をするようになりました。

おしまい。

使った力

使いたかった力

 神さま
ねずみ/子
 ねこ/猫
 うし/丑
 とら/寅
とり/酉
 いたち/鼬

サイトマップ  l  お問い合わせ  l  リンク/サイト  l  事務所
Copyright© Yoshimura, All Rights Reserved